腫瘍マーカーについて

10年前に2�の石灰化した肝臓癌の手術をして以来、半年ごとに検査をしてきました。昨年12月の検査でも何も問題はありませんでした。
今年の2月から体調を崩し、4月の終わりに肝臓癌の末期で手のほどこしようがないことが分かりました。10年前とは違い、進行のかなり早い悪性の癌だということです。
昨年の12月からわずかの間での状態の変化に戸惑うばかりです。その時の検診はエコーで、今回の癌は以前のような塊ではなく、「柔らかい」「バーッと広がっていく感じ」と医師は表現していました。12月の検診時の担当医は後から「そういえば、あの時、何かモヤモヤっとしたものがあったような気がする」と言っていました。
その12月の時点で癌がすでに存在しており、肝臓を脅かしていった可能性は十分あると思っています。でも、それならば、なぜ血液検査で異常が現れなかったのでしょうか。pivkaの数値が上昇するのはいつのタイミングでなのでしょうか。例えば、癌の進行度がある程度以上にならないと、腫瘍マーカーは明確に現れないものなのでしょうか。
発見がもっと早ければ、と悔しいばかりです。

person_outlineaさん

2名の医師が回答しています

和歌山の医師 一般内科 先生

腫瘍科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師