中2の娘がキアリ奇形I型と診断。治療と運動について

person10代/女性 -

lock有料会員限定

今年の7月頃よりくしゃみをすると左腕や背中に痛みがありました。他に症状がないため様子をみていました。9月2日、左上肢全体の温度感覚が無い事に気付き、翌日、脳神経外科クリニックを受診し、頭頸部のMRIをとりました。その後、総合病院を紹介され、9月7日に受診しました。お風呂のお湯や氷を触っても熱さや冷たさが分かりません。左手から背部にかけて、ヒリヒリするような違和感もあります。筋力の低下はありません。9月18日に全脊椎のMRIをとった結果、頸椎から胸椎10番目にかけて脊髄空洞症がありました。軽度の側湾症も指摘されました。今後については、3カ月後にMRI検査をして経過をみましょうと言われてます。また、症状が強くなったら手術をする、部活(バスケ)や体育は様子をみながら継続して良いと言われました。手術をしても感覚などは完全に戻らないと言われてます。
1.手術の時期について教えてください。感覚障害は、手術の適応ではないのですか?
2.運動が病気の進行を早めることはないのですか?
3.ビタミン剤やマッサージは、感覚障害やヒリヒリ感には効果がないと言われましたが、何か、他にできることはないのでしょうか。
4.側湾症は、強くなることはないのでしょうか。
分からない事が多く、娘が今後少しでも不自由なく生活できるように、アドバイスをいただけたらと思います。よろしくお願いします。

person_outlineロンさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師