胃カメラのセカンドオピニオンについて

person30代/男性 -

lock有料会員限定

この数年、胸やけが週に1.2回あるので、

日本消化器病学会専門医かつ
日本消化器内視鏡学会専門医であり、

年間2500件以上、胃カメラ検査を、されている医師の消化器内科で、胃カメラを受けてきました。

その結果、
食道裂口ヘルニアと逆流性食道炎を指摘され、ピロリ菌は陰性でした。

また、機能性ディスペシアと診断され、ネキシウムとアコファイドを処方されました。

そこで、先生方からアドバイスをいただきたいのです。
 
根が心配性なもので、スキルス胃がんなどの見落としが、怖いのですが、今回の診断はセカンドオピニオンをするべきような案件でしょうか?

なお、既往症はなく、毎年の健康診断で、体重減少や便潜血など指摘されたことはありません。

また、バリウム検査は隔年で、受けており異常があったことはありません。

先生方のご意見おまちしております。よろしくどうかお願いいたします。

person_outlineたくやさん
5名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師