Q

コレステロール値について

私は30代前半の会社員です。10年くらい前から、比較的コレステロール値が正常値ぎりぎりか、すこし高い状態だったのですが、この半年で290くらいに上昇しました。165センチ、43キロと痩せており、中性脂肪値は45です。食事内容は魚と野菜、大豆製品中心で、油脂類、肉類は胃がもたれるので食べません。卵や、魚卵も食べません。適度に運動もしており、どうしてコレステロール値が高いのかわかりません。血液検査をしてもらった医師には、中性脂肪値は正常だし、体質だろうから心配ない、と言われました。食事療法をして下さい、とも言われたのですが、これ以上どう食事内容を改善したらよいのかわかりません。アルコールも飲みませんし、甘いものも食べません。喫煙もしません。家族にも高コレステロールの者はいません。

質問者:けいこ さん

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

肥満もなく食事・運動に問題がない高コレステロール血症ということですね。考えられる主な原因は,原発性と2次性に分けられます。

原発性は,もともとコレステロールの処理能力が低く,年齢とともにコレステロール消費が落ちてきたため,その増加がはっきりしてきたものです。これは遺伝によるものですが,「家族にも高コレステロールの者はい」なくてもあり得ます。両親からコレステロールを処理する酵素系の遺伝子をもらっていますが,両親は片方が正常でもう一方が性能が悪い,としましょう。他の兄弟は片方が正常で,質問者は父母それぞれの性能が悪い方をもらってしまった場合,このようになります。アポ蛋白Eのフェノタイプを測定してもらえば判明します。これは残念ながら薬が必要です。

2次性は,糖尿病・甲状腺機能低下症・腎臓病のネフローゼ症候群など,他の病気にひきずられて起きるものです。これらは原因となる病気を治療しないと高コレステロールは改善しませんし,コレステロールを下げる薬が必要になることもあります。医師に血液検査をしてもらったようですが,こういう原発性・2次性の確認をされたのでしょうか?

けいこさん

お忙しいのに、さっそく返答いただき、ありがとうございました。2次性、原発性のことは確認していません。初めて知りました。丁寧に説明して頂き感謝しています。コレステロールは大事なものだから、薬は勧められないということで、処方してもらってませんが、このまま放置しておいてよいものかどうか不安です。再検査してもらった方が良いでしょうか?別の病院で検査をしても、失礼になりませんか?我が家のかかりつけの医師なのですが・・・。

秋山 森之進 先生

高コレステロール血症を放置して良いかどうかは,その程度や危険因子の数,実際に動脈硬化が発生・進行しているかどうかによって変わります。

まず程度について。中性脂肪が正常らしいので,するとHDLコレステロール(俗に言う善玉)が驚異的に高くない限り,LDLコレステロール(俗に言う悪玉)がかなり高いことになります。この場合はLDLコレステロールに関連する他の脂質:低比重LDLやレムナント成分・中間型コレステロール等も調べる必要があり,幾つかが認められれば,はっきり治療の必要があります。

LDLコレステロールだけが単独で高い場合は,思ったよりも動脈硬化は進まないようです。ですが加齢とともに他の危険因子が加わると,急速に進行するようになります。今現在わずかな項目を調べただけで安心していると,将来後悔することになりかねません。

次に危険因子。年齢は55歳からが危険因子なので当分は大丈夫です。高血圧・糖尿病・家族歴(高脂血症がなくても脳梗塞・心筋梗塞・アルツハイマーなどがあると要注意)・喫煙はどうですか?これらの因子がなくても,上述の脂質項目や高尿酸・内蔵脂肪などがある場合,正式な危険因子があるのと同等に扱うべき,とする専門家が少なくありません。

そして動脈硬化の有無。眼底検査:中小動脈の硬化を直接見る,負荷心電図:心臓を栄養する血管に硬化性病変があるかを調べる,動脈硬化試験:音の伝わり方で体全体の血管硬化を判定する,頚動脈超音波:首の動脈の硬化を超音波で調べる,頭部MRI:血流低下や小さい脳梗塞の有無などを見る,等の検査があります。既に動脈硬化が発生していたら一大事です。直ちに治療を始めるべきです。年齢的にはその危険性は低そうですが。

このような脂質代謝の管理は,かなり専門的なものなので,家庭医では荷が重いでしょう。家庭医の守備範囲をはっきり超えているのですから,別の病院を受診するのに何の問題もありません。それで失礼だと怒るような医師なら,縁を切った方が賢明です。脂質代謝,動脈硬化,内分泌代謝などを掲げている専門の病院を受診して,きちんと評価してもらいましょう。

秋山 森之進 先生

書き忘れました。「コレステロールは大事なものだから、薬は勧められない」という部分についてです。

確かにコレステロールは,ホルモンや細胞膜の原料になる物で大切です。ですが大切だと言っていられるのは,甘く見ても総コレステロールで150,LDLコレステロールで60くらいまでです。それを超えると既に過剰で,血液内で余り始めるのです。成長期でもない限り,そんな大量のコレステロールは成人は消費できません。余ったコレステロールは非常用の回路で処理されますが,これに他の負担(→危険因子など)が加わると回路は破綻し,いよいよ血管壁に蓄積=動脈硬化が始まるのです。

下げ過ぎるのは逆効果が…と主張する人達もいますが,総て動脈硬化の専門外の人です。正常者以下に下げると脳梗塞・心筋梗塞が今まで考えられていた以上に減るのが確認されました。アルツハイマーの発生率も激減しますし,進行したアルツハイマーの改善効果があることも判明しました。コレステロールが低い集団で癌患者が多いことが話題になったこともありますが,それは癌で低栄養になってコレステロールが下がったからであり,さらに追跡調査をすると癌の発生率は逆に下がることが実証されています。

専門家の間では,今のコレステロールの正常値・目標値が高過ぎる,という意見が次第に強くなっています。コレステロールが高いままにしていると,良いことは少ないようですね。

けいこさん

コレステロール値は少々高めのほうが長生きする、などと最近何かで読んだりして、私自身も少し混乱していました。かかりつけの医師には再検査をして欲しい旨を伝えてはいたのですが、伸び伸びになっている状態です。現在診てもらっている医師に遠慮することなく、脂質代謝、内分泌代謝を専門に掲げている病院できちんと検査してもらうことにします。勇気を与えて頂いたようで、感謝しています。ありがとうございました。

tora 先生
一般内科

tora 先生

他疾患の合併のお話はすでに出ていますので,そのような疾患の合併がない事が前提ですが,やはり強烈な高コレステロール血症を持っておられるのであれば,薬剤でのコントロールを考慮したいと思います.急に高くなったという一文だけがいつまでもひっかかりますが・・・.もちろん,生活療法もとにかく下げるという意味では大事だと思います.
むしろ,動脈硬化性疾患の一次予防という意味では,若いうちからコントロールしておかないといけないと思います.HDL-Cの値がわかりませんが,やせておられるようですので,生活習慣が特に悪いという訳ではないと思うのです.それ以上に生活習慣病であれば,全面に出るのは低HDL-コレステロール血症と高中性脂肪血症であって,高LDL-C血症ではありませんから,やはり薬物の介入が必要な印象が強いと思いますので,脂質管理を得意とする施設へのコンサルとが必要ではないでしょうか.

けいこさん

ご返答ありがとうございました。目に見える病気ではない為、自分でも切迫感がなかったのですが、やはり薬でのコントロールが必要なのですね。脂質管理を得意とする病院を探してみます。コレステロール値を下げる薬は、一生飲み続けなければならない、と聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

コレステロールの高くなる原因としては、
1 糖尿病
2 甲状腺機能低下症
3 先端巨大症
4 下垂体機能低下症
5 クッシング症候群
6 閉塞性黄疸
7 肝細胞ガン
8 脂肪肝
9 原発性胆汁性肝硬変
10 膵炎
11 ネフローゼ症候群
12 痛風
13 妊娠
14 薬物(ステロイド、経口避妊薬、βブロッカー)
15 特発性高コレステロール血症

こういったものがあります。お話からは15が考えやすいですね。けいこさんの場合、LDLコレステロールが160以上あれば動脈硬化症予防のために薬剤を使用する必要もでてきます。治療の前には上にあげた病気を否定しておく必要があります。

糖尿病専門医にあらず 先生
循環器内科

糖尿病専門医にあらず 先生

生まれつきコレステロールの高い方もいらっしゃいますので、きちんとした生活をされていても高くなることはあります。この場合は、コレステロールを下げる薬をお飲み頂くしか下げる方法はありません。ただ、コレステロールを下げることが一概にいいことかどうかについては異論もあり、私はあまり積極的に薬は使いません。いずれにせよ基礎疾患のスクリーニングも必要ですし、内科の主治医をお決めになって、ゆっくりと精査、治療の方針をご相談になったらいかがでしょう。緊急性は無いと思いますので。

ryre 先生
一般内科

ryre 先生

こんばんは
書き込みを見た印象では、特発性の高コレステロール血症のような受けます。
年齢的には甲状腺機能はチェックしたほうが良いかと思います。
今後の治療に関してですが、コレステロールが高いのみであれば、私は積極的に脂質を下げる事はしません。高血圧や糖代謝異常があれば積極的に下げることを検討しております。
ひとつの意見として参考になれば幸いです。

けいこさん

返答ありがたく思っています。以前に甲状腺機能を血液検査で調べてもらったのですが、T3?の値が高かったのですが、T3の値のみの異常では問題ないと言われました。もう一度甲状腺機能を調べてもらった方が良いでしょうか?

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。