43歳女性、悪性リンパ腫、開腹手術で脾臓からの生検

person40代/女性 -

1月に悪性リンパ腫(ろほうせい)と診断。(脾臓、ひもん部肥大と首のリンパ、扁桃腺の腫れがあった)すぐにリツキサンを始めたが、4月末時点で扁桃腺、首のリンパは縮小がみられたが、脾臓、ひもん部は治療を始める前より肥大していたため、治療をガザイバ、トレアキシンに変更。2コース終了時のCTでは脾臓、ひもん部の縮小が確認出来たため、計6コース終了。その後のCTで、首、扁桃腺の異常はみられなくなったが、脾臓、ひもん部
が更に肥大していることが確認された。悪性リンパ腫の型?が変化したのでは?とのことで、再度生検をすることになったが、採れる場所が脾臓周辺しかないとのことで、開腹手術での生検をすすめられています。先生は「奥のほうの臓器なので、開腹じゃないと無理」とおっしゃっています。
今までの治療を含め、今回の手術も妥当(言葉があってるかわかりませんが)なのでしょうか?

person_outlineはるさん

4名の医師が回答しています

ベテラン腫瘍内科医 先生

血液内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師