リウマチによる肺病変精査

person60代/女性 - 解決済み

2020年4月からジムジアを打つためにCT検査を実施
右肺底部5ミリの小結節、両肺上葉や胸膜側優位に気腫性変化、両側肺底部に網状影、すりガラス影など間質影が認められました。
がどうにか注射が出来る程度だと言う事で始めました。
約半年でリウマチはかなり良好になりました。2度目の9月のCTで、5ミリの小結節が背側方向にわずかに増大して見える、引き継ぎ経過を追ってと書いてありました。
新たな異常隠影を指摘できない。
場所が肺底部で5ミリでは精密検査が厳しいと先生が言われたのですが、このままの状態がとても心配です。検査も私にとってはかなりのリスクだと言われました。
10ミリになったらガンと判断するのでしょうか?
5ミリで切るのはリスクしか無いのでしょうか?
つまり悪性、良性は切るまでわからないと言う事でしょうか。

person_outlineとんこさん

1名の医師が回答しています

ペプ 先生

呼吸器外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師