58歳 男 左上葉小細胞肺癌(進行型)肝転移の治療

person50代/男性 - 解決済み

令和1年12月 小細胞肺癌 肝転移と診断されました(原発巣7.4x6.6mm) シスプラチン+イリノテカンを4クール終了後2か月もしない内に原発巣増大(約5x5)が認められ転院しました 転院先で肺の放射線治療(30回)と同時にカルボプラチン+エトポシドを4クール終了し事後のCT検査で原発巣(2.5x1.8)とは別に同じ左肺内胸膜直下にすりガラス影+2~3mmの索状影が見受けられます 現時点再発か放射線治療の炎症か判断つかず経過観察となりました もし再発ならば最後の抗がん剤治療後緩和ケアと説明うけてます 不安でなりません 認識者の先生方のご意見を伺いたく登録して初めて質問させていただいてます
肝転移は現在画像上消滅してます 他の部位への転移も現在見受けられません 左上葉S1+2の原発巣にいじめられてます よろしくお願いいたします。

person_outlineゆうじくんさん

4名の医師が回答しています

雪国の画像診断医 先生

放射線科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師