TFCC損傷及び尺骨突き上げ症候群疑い

person 40代/男性 -

以前、尺骨突き上げ症候群で相談したものです。TFCC損傷の疑いもありで、MRIと造影検査をしてきました。尺骨の長さのづれも、レントゲンの撮り方ではとのことでした。
結果は、MRIではTFCC損傷は陰性つまり判断がつかない、造影検査ではTFCCが損傷していると造影剤が漏れていくという部分まではいってないそうでした。夜勤あけで受診したもので、MRIで寝てしまい、動いてしまい、きれいに撮れなかったのかもしれません。
両手首が痛いわけですが、MRIは1度に両手は撮れないとのことで、片手しかしていません。
結果ごっつい装具をはめることになり、1ヶ月後再診です。良くならなければ手術とのこと。
しかし、何ヵ月も前から、プレートの入ったバンテージサポーターをしてがっちり固定していたので、さほど効果はないと思っています。
画像では損傷してる様子でなくても、手術で開けてみないと分からないと言われました。これは、疑陽性ということでしょうか?
装具をつけていても、やはりTFCC損傷の特徴的な症状のドアノブを回したり、小指側に手を捻ったりで痛みがでます。
これは、どういう診断なのでしょう。良くならなければ1ヶ月後手術検討とのことです。
よろしくお願いします。

person_outline茶の間さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師