末梢点滴か高カロリー輸液か胃瘻増設か。

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

老健入所の、ほぼ寝たきりで重度の認知症の90歳の父が12月21日に誤嚥性肺炎で入院しました。昨日28日に主治医から病状説明を受けたのですが、今後の治療について、何を選べばよいか決断が難しく、アドバイスを頂けるとありがたいですm(__)m

肺炎は改善してきている。
経口摂取は正直きびしく、ゼリー程度がやっととのこと。
今後について、末梢点滴でいくのか、高カロリー輸液か、胃ろう増設かを選んでほしいとのことでした。

今回が初めての誤嚥性肺炎で、老健にいるときは刻みやミキサー食を食べていて、食欲もあったのですが、リハビリでまた口から食事が出来る可能性は低いでしょうか?
ネットで調べてみると、高カロリー輸液しながらリハビリをして経口摂取に戻せたという高齢者もいると知り、難しいと思いながらも期待してしまう自分がいます。
一番本人が苦しまずに過ごせるのは、やはり末梢点滴でしょうか?コロナ渦でお見舞いもリモートの中、側にいることも出来ずにお別れするのも辛く、悩んでいます。胃瘻については、母が胃瘻で正直可愛そうなことをしたという思いが強いので、考えていないのですが、どう思われますでしょうか?アドバイスどうかよろしくお願いいたしますm(__)m

person_outlineたこさん

2人が参考になったと投票

4名の医師が回答しています

4人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

4人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師