前置胎盤、飛行機での長距離移動とその後の受診

person 30代/女性 - 解決済み

アメリカ在住で、昨日19週0日にて前置胎盤と診断されました。子宮口を胎盤が完全に覆っている状態のようです。来週20週0日に日本に本帰国(引越しを伴う帰国)予定です。

・医師からは、帰国前に出血が見られた場合は帰国中止、飛行機の中で出血が始まり1時間でナプキンが真っ赤になるようであれば緊急着陸を要請するよう指示があったのですが、この指示は妥当ですか。
緊急着陸は調整に時間がかかりそうですし、飛行機内で少しでも出血が見られたら着陸を依頼した方が良いのでしょうか。
この週数で出血が始まった場合の経過と緊急性がよく分からないため、ご教示いただきたいです。

・日本に帰国後、新型コロナウイルスによる都内での自主隔離2週間+新居探し1週間+転居先(西日本)に移動し現地産婦人科の要請による受診待機2週間を経るため、次回は早くても25週目での受診となる予定なのですが、前置胎盤でこれだけ受診間隔が開くのは危険ですか。
都内を拠点にし新居を探す1週間の間に受診できないことはないのですが、一度きりの受診になってしまうため引き受けていただけるか不安です。

・都内滞在中に出血が見られた場合は、どちらに連絡すればいいでしょうか。
少しでも出血があれば連絡が必要ですか。

突然の診断で今後の経過ももちろんですが、まずは差し迫った帰国および引越しを無事に乗り切ることができるかとても心配です。
ご助言、ご教示いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

person_outlineねこさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師