80代父の膵癌・胃癌治療について

person 70代以上/男性 -

 昨年12月中旬に父の胃癌が判明しました。胃癌は上部から中部にかけて5cmほどの進行性のもので、全摘出を勧められました。その際のCT検査で、膵臓にも癌があるようだと言われました。(転移ではなく、検査で偶然見つかった模様。)その後、ERCPを行おうとした際、ワイヤー、造影剤が全く入っていかず、検査を断念しました。(元々挿入する穴が小さめという事もあるようですが、詳しい原因は不明とのこと)ただ、画像や血液検査の結果、かなりの確率で膵癌であろうという診断を受けました。膵体部に2cmほどで、手術になれば、膵体・膵尾部の切除になるとのことです。現在の病院ではPET検査が出来ず、膵癌であることを確定したければ、検査が出来る病院でと言われましたが、その分治療の開始は遅れてしまうということで、PET検査はせず、今月下旬からエスワンの朝夕2回の服用、ゲムシタビンの3週間2回の点滴を2月下旬まで行うことにしました。医師の話では「抗がん剤治療で、がんの悪性度を弱めてから手術を行った方が良い。2月下旬に、CTや血液検査を行って状態を確認し、手術は3月に入ってからの見込みになる。」とのことでした。胃の方も進行性のたちの悪い癌であり、その治療について聞くと、「放っておくというと語弊があるが、まずは膵臓の治療にかかることが先決。2つの癌に全力の治療をするというのでは、体がもたない。」と言われました。「抗がん剤治療をしている間に癌が進行するのでは、と心配する人もいるが、手術を早くしたとしても薬が効かない人は治らない可能性が高い。膵癌は薬が効かないと治らない病気だ。」というお話でした。今まで父は大きな病気をしたことはなく、体重の減少は少しあるようですが、現在特に症状はありません。複数箇所の癌の治療や手術についての情報はなく、現在の方向でよいものか、異なる方法もあるのか、情報をいただければと思います。

person_outlineみなとさん

1人が参考になったと投票

他3名が回答

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師