腓骨遠位端剥離骨折の完治につきまして

person 50代/男性 -

一か月ギプス固定、リハビリ開始から2か月足らず、80日ほどが経過しました。
この時期で、患部の痛みが残っていることは、(痛みでリハビリに制約があります。)
どうなんでしょうか。
11月、12月は、二週間ごとにレントゲンの撮影がありましたが、年明け一度もありません。
1月末までに一度はあるかなと思ってたのですが、次回の診察は2月中旬で、レントゲン撮影があるかどうかもわかりません。
理学療法士の方に任せているのかもしれませんが、理学療法士の方は、12月末のレントゲンにより判断するしかなく、困ってらっしゃいます。
骨が癒合しなくても、日常生活には支障がないでしょうということですが、痛くてつま先立ちもできませんし、正座もできません。
まだ、時期的にこれからなのでしょうか。
90日くらいから、運動も始めることができるようになるのが一般的だということですので、日常生活も支障があるということでは不安です。
週末医師の先生に相談しようと思っておりますが、相談しづらい先生ですので、迷ってます。次回の診察まで待とうかと…。さすがに、2か月経過時のレントゲン撮影はあると思うのですが…。
早めに相談したほうがよろしいでしょうか。時期尚早でしょうか…。
ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

person_outlineこんどは…さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師