腎血管脂肪腫と女性ホルモンの関係について

person 50代/女性 -

腎臓血管筋脂肪6センチで腎動脈塞栓術を今月うけました。術後の女性ホルモン剤使用についての質問です。
30代はじめから51歳まで子宮内膜症治療の為、一層性低用量ピル(オーソM21、ルナベルULD)を休止期間なく服用し、閉経後の昨年からHRT(メノエイドコンビパッチ)へ切替え服用(貼付)中です。
腎臓血管筋脂肪腫の本で、米国からの報告として手術で摘出した腎臓血管筋脂肪腫の全てにおいて細胞内でエストロゲン受容体が認められ、38パーセントでプロゲステロン受容体が認められたとありました。その為妊婦さんでは腎血管筋脂肪腫が増大し、50歳をすぎるとほとんど大きくならないと書いてありました。
質問は2点で、一つ目は私の脂肪腫が増大した原因は20年近く服用した低用量ピルが関係しているのか?
二つ目は腎動脈塞栓後にHRTを継続したいが、微量とはいえ女性ホルモンが収縮に影響するのではないかと心配です。
婦人科と泌尿器科の受診がまだ先の為、ご存知の先生がいらっしゃいましたらご教示いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

person_outlineYさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師