腹膜癌・卵巣癌 オラパリブ維持療) 

person 50代/女性 -

家内が9月1日に開腹手術、その後3回TC療法を実施しました。CA-125の値は手術直後が1番低く、その後、少しづつ値が上がっていき、3回目の投与直前の検査で基準値ぎりぎりになりました。そのため投与前、腹膜癌の主治医から、次回からオラパリブ維持療法に移行するといわれ、TCを行いました。※3回目はアナフィラキシーでカルボプラチンの投与ができませんでしたが。

その後造影CTをとり所見はありましたが(どこかの膜が厚い)、見える腫瘍はなかったので年末からオラパリブを服用し始めました(BRAC1変異は陽性)。

昨日、乳がんのフォローアップでマーカーを取ったところ、CA15の値が増え、マンモとCTの画像上異常はないので、腹膜癌再発の可能性が高いと乳がんの主治医からいわれました。

2日後、CA125の検査を行います。今後オラパリブ維持療法をづづけるかどうか、何を基準に考えたらよいでしょうか?アドバイスをお願いします。

また、べベバシズマブのオラパリブ維持療法への上乗せは、北米とEUでは承認されていますが、日本の状況でご存じのことがあったら教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

person_outlineTTTTさん

1人が参考になったと投票

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師