「加齢黄斑変性症と黄斑前膜に併発について」の追加相談

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

ご回答ありがとうございます。

改めてお尋ねさせて頂きます。
術後の視力なのですが、
見たものが直ぐに消えてしまうので
消える前の画像を思い出し、少し考えながら答えている感じでございます。
日常生活でも物体を捉えても直ぐに消えてしまうので、
何度も見直して消える前の物体を思い出しながら認識している感じでございます。
術前にはなかった症状でございます。
このような状態でも改善傾向と診断されるものなのでしょうか?

OCTの画像では、
術前の膜は取り切れてる感じなのですが
パズルのピースの凸のように黄斑部が盛り上がって浮腫がある状態でございます。
術前の画像ではこの盛り上がりはありませんでした。

主治医に今回の診断書をお願いしようと考えております。
この診断書なのですが、
これまでの視力検査の経過数値とOCT画像も添付して頂くことは
可能なのでしょうか?

通常診断書とはどこまで記載及び添付して頂けるものなのでしょうか?

person_outlineサクライロさん

加齢黄斑変性症と黄斑前膜に併発について

person 70代以上/男性 -

改めて先生方のご意見を頂きたく回答宜しくお願い致します。
80代の家族が右目の加齢黄斑変性症と黄斑前膜に併発との診断で、
黄斑前膜の膜を取る手術をして頂きました。

下記が視力の経過でございます。 

術前
右 裸眼0.05 矯正0.2
左 裸眼0.3 矯正0.6

術後一週間
右 裸眼0.04 矯正0.04
左 裸眼0.05 矯正0.4

術後2か月
右 裸眼0.08 矯正0.125
左 裸眼0.3 矯正0.5

術後翌日に水が溜まっているからとの事で、ステロイドテノン嚢下注射を
しましたが変化無く術前よりも悪化したままでした。
2か月経過し、2回目のテノン嚢下注射後も
やはり悪化したままで自覚症状も術前よりも見えなくなっています。

術前にはなかった症状で、特に気になるのが
・物を捉えてもその物がシャボン玉のように消えて見えなくなる。
・色の認識がわかりにくい。
・物体が逆三角形に見える。

術後の診断は、
手術は合併症は無く予定通りで、
加齢黄斑変性の影響があるとのご説明でした。
術後初めて言われたのですが、
高齢なので安定するまでは半年から数年はかかり、良くなっても
少しましになるくらいと説明を受けました・・・。
手術まで予約の関係で数か月かかったこともあり、
90近い年齢で手術する意味があったのか・・・
何故術前にその説明をして頂けなかったのかと言い知れない思いです。

術前より悪化したままで2か月が経過し、
主治医はもう一回テノン嚢下注射をしてみるとの診断でございます。

下記の点をお尋ね致します。

1. 術前より悪化してる原因は何が考えられますでしょうか?

2. 3回目のテノン嚢下注射をしても改善なかった場合、
このまま悪化したままの可能性は高いでしょうか?

person_outlineサクライロさん

元の相談の回答をみる

1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師