「黄斑変性の薬注治療(アイリーア治療)で視覚異状が出ました」の追加相談

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

黄斑変性の左目について第二回目のアイリーア治療をうけました(4月6日)。現在、症状は片目だけですが、いずれ両目にも3~4割の人に黄斑変性が出ると医学書にあります。質問ですが、
・現在行っている左目のアイリーア治療は、健全な右目に黄斑変性が及ぶのを防ぐにも有効でしょうか?

person_outlineおしよさん

黄斑変性の薬注治療(アイリーア治療)で視覚異状が出ました

person 70代以上/男性 -

昨日(4月6日)、左目の黄斑変性診断のため、第二回目のアイリーア治療を受けました。治療終了直後ですが、視覚異状が出ました。
1.終了後1~2分間に左目のほぼ中央画像域にうすい赤色のアメーバ的形状の不透明域が出現しました。3分後前後で消えました。次いで、
2.黒色のまだら状の残存画像が3分前後出ました。数分後には消失しました。しかし、更に
3.左目に視覚がぼやける「かすみ」の症状が「5時間前後」続きました。1日経過した現在もある程度残っているとの感覚です。
1ケ月前の第一回の薬注では視覚の現象は無く、3のかすみだけでした。
 以上の現象は治療時によくみられるものですか、それと異常なものですか。また、主治医に聞いておくべき点があれば教えて下さい。なお、3日後に診断を受ける予定です。

person_outlineおしよさん

元の相談の回答をみる

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師