舟状骨骨折の再手術について(腸骨移植手術から10年経過)

person30代/男性 -

lock有料会員限定

2008年に運動中の転倒により右手首を痛め、当時は骨折なしということで捻挫として治療しました。
日常生活に支障はないものの、テニス・ゴルフ等の運動をする際に痛みがあったため、2011年に再度治療を考え整形外科にかかったところ、舟状骨骨折が判明し、紹介していただいた病院にて腸骨から移植手術をしました。
手術後、1.手首の前後可動域が制限される、2.右手首の角度が小指側に30℃くらい屈折している、3.変わらず運動時に痛みがある という状況がありましたが、手術は成功したということで通院をやめました。
その後10年たった今も上の症状が続いています。
考えられる現状と、移植等の再手術により上記3つの症状は改善される可能性・リスクにつきましてご回答いただけますと幸いです。

person_outlineT&Jさん
4名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師