黄色爪症候群の治療方法

person40代/男性 -

lock有料会員限定

5ヵ月前くらいから足の親指と手の親指の爪が厚くなり剥がれはじめ、今では完全に浮いた状態となり、親指以外の手の爪も剥がれ始めています。そう言えば、ここ一年近く爪を切ってない事にも気づきました。最初の皮膚科では顕微鏡検査で爪白癬と診断されましたが、あまりにもあっさりした診断だったので、水虫の権威の先生のところでセカンドオピニオンを聞くと、ひとつひとつの爪をじっくり検査してくれて、爪白癬では無いですね、と言われました。検査の結果、副鼻腔炎とリンパ浮腫もあるので黄色爪症候群で、二次的にカンジダもありますと診断されました。その病院の紹介で大学病院にも行ったのですが、黄色爪症候群で間違いないでしょう、と診断されました。そして、黄色爪症候群の原因はリンパ系のトラブルと言われていますが、なぜそうなるのか分かってないし、治療法も確立されてないのですが、ビタミンEを飲むとたまに治ることがあります、とユベラNソフトカプセルを処方されただけでした。爪は日に日に悪化しているのですが、本当に治療法はないのでしょうか?ネットを見てみると、クラリスロマイシンやステロイドが効いたという症例や、副鼻腔炎の漢方薬・辛夷清肺湯を飲んで副鼻腔炎を治したら、黄色爪も治った症例もあるようですが…副鼻腔炎の手術をすれば、治るのでしょうか?副鼻腔炎の手術は去年の春にやる予定でしたが、コロナの影響でずっと延期されています。

person_outline炭治郎さん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師