50年前の近視治療について

person50代/女性 -

lock有料会員限定

 お世話になります。
 近視性脈絡膜新生血管の診断でルセンティスを近所の眼科で1回打ちましたが、他の疾患(消化器内科、膠原病腎臓内科)で通院中のアイセンターに紹介状を書いていただき、今までの医師の外来で診てもらうことにしました。

 患者は56歳で、R−11.75D L−13Dの最強度近視です。
 7歳〜12歳まで、仮性近視で毎週眼科に通院し、赤外線治療と就寝前30分の点眼薬を受けていました。視界がぼやける薬だった記憶はありますが、学童期のことで、薬剤名の記憶がありません。
 約50年前の治療ですが、これは仮性近視に効果がある治療だったのでしょうか。
 推測で構いませんので、理解を助けていただければと思います。

person_outlineサスイさん

1人が参考になったと投票

他3名が回答

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師