腰椎椎間板症について

person50代/女性 -

lock有料会員限定

2月初旬、パンプスで我慢して立ち続けていましたら、右側腰部が痛くなりました。その後痛みは取れてきましたが、その部分がピリピリすることが多くなり、右側腰部の痛み、お尻の右下も痛くなってきました。日常生活に支障はなかったので放置していましたが、両足のふくらはぎ足先までだる重くなってきました。左足の外反母趾ができて気になってきたのもこの頃です。3月下旬整形外科を受診。レントゲンを撮り4番5番の背骨が狭まっているからかなあと言われ、腰椎椎間板症と診断されました。私が見ても配列が変でした。2回ほどリハビリを受けましたが、右側腰部だけの痛みが腰部全体に広がり、背部痛も出て来ました。(右側は胸郭出口症候群があり、8年程ストレッチなどでしのいでいます)ふくらはぎ、足先が痺れる時もあります。不安に思い、別の整形外科でMRIを撮っていただきましたが、ヘルニア、狭窄もなく異常はありませんでした。今はロキソプロフェンを飲まないと腰痛の痛みに耐えられません。自分では坐骨神経痛の症状だと思うのですが、背骨が狭まっているので他の病状もあるのでしょうか?今後理学療法士さんの施術を続けるか、接骨院で治すか迷っています。
ご助言をよろしくお願いいたします。

person_outlineローズさん
4名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師