間質性肺炎と診断されました

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

家族の者ですが、
本人が仕事中(今年の1月頃)に急に息が苦しくなり、普段通りの呼吸ができなくなり、急遽受診。
CT検査やレントゲン、血液検査などの後、内視鏡検査を経て、
特発性間質性肺炎と診断されました。
結果の数値なのですが、
KL-6 773
SP-D 469
SP-A 77.7
LDH 167
CK 59
という結果が出ました。
これはかなり進行した状況でしょうか?
ネットでも調べたのですが、この数値だと、やはり予後はあまり良くないのでしょうか?
本人に病院でどのような説明を受けたのか聞いても、あまりはっきり理解できずに帰ってきてしまったようです。
主治医の先生には肺の繊維化を遅らせるオフェブという薬の飲用を説明されたようですが、それはまだ処方されていません。
半月後にまた受診予定です。
現在は、特に階段を上る時にひどい息切れがあり、痰の絡んだ咳がよく出ます。
spo2の数値は平常時はいつも96前後です。
息切れの時に測ると大体90になりますが、すぐに95以上に上昇します。
とにかく心配でなりません。
よろしくお願いいたします。

person_outlineのんさん

1人が参考になったと投票

3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師