後期の日光角化症について

person70代以上/女性 -

lock有料会員限定

87歳になる母のことでお願いいたします。2018年に、左頬が赤くなり、細胞をとって調べたところ、日光角化症と診断され、ベセルナで治療、見た目にも分からなくなりました。その後、他の場所も赤くなったりしたので、ベセルナを使いましたが反応が悪く窒素に切り替えました。最初は2週間おき位で通っていましたが、北海道のため道も悪く、先生も、体調のいいときに来なさいとおっしゃってくださったので、1ヶ月に1回くらいになり、コロナになってしばらく外出をひかえて、2月に半年ぶりくらいに行って窒素をやりました。しかし、最近、最初に細胞をとって日光角化症と診断されたあたりが、また赤くなってきました。大きさも2センチくらいあり、ガサガサして盛り上がっているように見えます。そこで以下の質問をお願いいたします。
1-これはまた日光角化症が再発した可能性が高いですか?
2-日光角化症は初期のがんと聞きました。もし日光角化症なら、進行してしまった可能性はありますか?最後に診ていただいたのが2ヶ月前です。
よろしくお願いいたします。

person_outlineねこまさん
2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師