肺がんの治療方法について

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

肺がんステージ3bの父親の今後の治療方法についての質問です。本日より入院して、治療する予定でしたが、主治医の先生からは遺伝子異常があり、検査の結果、それに合う薬があると言われたそうです。恐らく、免疫チェックポイント阻害薬だと思います。そのため、阻害薬を使って治療をスタートする予定でしたが、放射線科の先生から放射線治療と抗がん剤治療で完治することもあるため、放射線治療を勧められたようです。免疫チェックポイント阻害薬を使った場合は放射線治療と抗がん剤は併用できないと主治医の先生から言われたようなのですが、それはやはり不可能なのでしょうか?
また、免疫チェックポイント阻害薬を使っても数年後には効果がなくなる可能性があるため、延命できても4、5年と言われたようですが、免疫チェックポイント阻害薬を使っても完治または癌と共存して長く生きることは難しいのでしょうか?
免疫チェックポイント阻害薬を使っての治療と抗がん剤、放射線治療はどれが良いのか、もちろん、本人に効果があるないもあるかと思いますが、まず先に行う治療としてはどれが1番良いのが教えていただければ幸いです。
もちろん、治療しながら色んな方法を探っていきたいと考えています。
よろしくお願いいたします。

person_outlineちゃなさん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師