低身長治療の副作用と治療方針に関して

person10代/男性 -

lock有料会員限定

(1)プリモボラン、(2)リュープリン、(3)成長ホルモン
上記(1)~(3)の単独治療、または併用治療の選択に迷っております。12歳9か月の男子(骨年齢15歳くらい)、思春期後半です。セカンドオピニオンとしてご意見頂けると助かります。

質問1
やはり副作用が一番気になっており、(1)~(3)において、副作用が発生する割合(頻度、確率)が分かれば教えてください。合併症・既往歴はございません。

質問2
(1)~(3)の治療実績年数はどれくらいなのでしょうか。10代の男子が治療し、大人になってから精子減少等の副作用に気が付いた等の情報があれば、合わせて確認させてください。

質問3
比較的に軽めの副作用ですと、頭痛、体重増加やむくみ、発汗、ひきび等があると思いますが、これらの副作用の割合(頻度、確率)も分かれば確認させてください。

質問4
子供が偏頭痛と花粉症を持っているのですが、治療の影響で悪化しないか確認させてください。

質問5
骨年齢が15歳くらいなのですが(次回診察時にレントゲン有)、今から(1)~(3)の治療(単独、併用)を行い、どれくらい効果があるのか、見込みを教えてください。

質問6
骨年齢が15歳くらいのため、骨年齢が進まないよう(2)のリュープリン治療が前提になるかもしれませんが、リュープリンの副作用が一番気になっており、かなり迷っている状況です。治療する病院によるのかもしれませんが、(2)のリュープリンは治療せず、(1)と(3)を併用して治療することも可能なのでしょうか(多少の効果は望めますか)。

よろしくお願いいたします。

person_outlinezakさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師