検査結果で、シスタチンCのGFR 126 とクレアチニンのGFR 63 の乖離が大きすぎる。

person50代/男性 -

lock有料会員限定

50歳男です。
身長は176、体重は75です。
健康診断でクレアチニンが1.1になり、GFRが56.9になりました。
それで近所の内科に要検査で調べてもらったところ、クレアチニンは1.0 GFRが63でした。
Drからは脱水を起こしてたのでこうなったのだろうと言われました。
とは言っても、ここままだと20年後には人工透析になるのではと不安です。
尿蛋白は- で、血圧 120/80 くらいです。
筋トレは1週間に5回行ってます。
最近は食事制限でタンパク質の食べる量を減らし、減塩に務めてます。

近所の内科で理由を話し、シスタチンCも測って貰いました。
数値は シスタチンcが 0.64 で GFR が126です。
3年前も数値も0.64でした。

クレアチニンから出したGFR 63 と シスタチンcから出したGFR 126が
あまりに乖離が大きいんでどうしたらいいか聞いたところ、平均を出せばいいと。
すると、GFRは94になります。
とはいっても、クレアチニンはG2のギリギリの数字(ほぼG3a)、シスタチンCはG1の数字。こんな乖離があるのに平均値を出しても信じていいのでしょうか。

こんなに乖離するパターンてあるんでしょうか。
あまりに乖離が大きすぎて、信頼してもいいのか不安です。

シスタチンcとクレアチニンのどちらを信じたらいいんでしょうか。
両者のGFRの平均でいいんでしょうか。

30年後は80歳になりますが、その時には人工透析になるんでしょうか。

教えてください。
宜しくお願いします。

person_outline心配性さん

1人が参考になったと投票

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師