胃癌の手術歴ある86歳の義父が胸のつかえ感などから食欲低下

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

10年前に胃がんで3分の2胃切除術受けた既往歴のある86歳の義父が、最近便秘と下痢を繰り返す、また胃がつかえて、食事がとおらないということが増えてきました。起きるとフラフラするともいうので、かかりつけの病院へ連れてゆきました。
胸部と腹部、骨盤のCTしたら、腸閉塞などみられず、点滴して、胃カメラをしましょうと入院しました。
病院から、食欲もありお粥も食べてますと電話あり2晩の入院で退院しました。
胃カメラはせず、主治医も診察にも来なかったそうです。
その主治医は義父の10年前の手術医で外来通院を長年してます。
退院してきても、また同じように、胃や腸が重い感じあり、また食事が食べれなくなり、本日、その医師が外来に見えるので受診しました。胃カメラは2年前にしていて異常なしだった。アメリカでは胃カメラは3年に1回しかしてない。
結局、2時間かけて点滴受けて帰ってきました。
上記のような症状続いているのなら、胃カメラや大腸の検査するべきと思いますが。
どう思いますか?
義父は20年前に右腎臓癌で摘出うけ、そのとき盲腸あたりにも癌あり20センチ切除してます。
最近、左腎臓にも3センチの癌みつかり、凍結療法受けました。
その時も、たまたま腹部CT受けて、大学病院の医師が見つけました。
その主治医の撮影したそれ以前の腹部CTにも癌が見つかりその時に比べて増大していると指摘受けてます。
でも、主治医から左腎臓癌の説明も受けたことありませんでした。
不信感を感じてます。

person_outlineうーちゃんさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師