病理組織検査報告書の読み方

person60代/男性 -

lock有料会員限定

逆流性食道炎の悪化かストレスフルなことが続いたせいか、鳩尾の辺りの痛み、朝起きた時の吐き気、食欲不振が激しくなったため、かかりつけ医で胃カメラをお願いしたところ、「ふくらんでいるところがある」とのことで生検となりました。本日出た結果は以下のようなものでした。
病理診断名:びらん性胃炎
病理組織所見:胃生検検体が1個提出
表層胃粘膜が採取されており、粘膜筋板は含まれていない。腺窩上皮の軽度過形成と一部腸上皮化成がみられる。間質には、軽度のリンパ球浸潤がみられる。悪性を示唆する所見はみられない。
 医師からは、タケキャブ20mg、ガスモチン5mg、半夏窩心湯エキス錠が追加で2週間分(全4週間)出され、症状がなくなればこれまで長年飲んでいたパリエット10mgはもう長期服用は止めて1年に一度の胃カメラだけでよいとのことでした。
尚、ピロリ菌抗体検査は2014年は3.0未満(-)で陰性でしたが、今回は3.4(-)の陰性となっていました。上腹部エコーで肝臓に小さな血管腫と左腎嚢胞がみられるものの異常はないので、肋骨下に感じる胃の痛みは肋間神経痛ではないかとのことでした。その他血液検査、甲状腺機能検査は全く異常なしでした。
この病理結果は心配する必要はないでしょうか?

person_outline慌て者さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師