慢性上咽頭炎の診断と転院について

person40代/女性 -

lock有料会員限定

元々風邪を引く急性副鼻腔炎になりやすく、繰り返すうちに、いつからか鼻の奥辺りから喉にかけてずっと粘液がへばりついているような不快感が残ってしまいました。

耳鼻科でファイバースコープで見てもらうと、上咽頭が腫れてるが、鼻水は透明だから慢性副鼻腔炎にはなっていないだろうと言われて、トラネキサム酸とスプレーで様子を見ましょうと言われています。

恐らく慢性上咽頭炎だと診断されていると思うのですが、レントゲン等は撮っていません。ファイバースコープだけで慢性上咽頭炎だと診断出来ますか?

なかなか改善しないですし、何だか頭も重い感じがしてつらいのですが、このまま様子見で良いのか、何か他に検査等(レントゲン、CT?)を相談すべきなのか悩んでいます。

bスポット治療が有効なようですが、どこの耳鼻科でもやっているわけではなさそうなので、他院に相談すべきでしょうか?

※最近、風邪気味(上咽頭の腫れ、痛み)が頻回に起きるようになってきたので、免疫系の心配もあり血液検査をしましたが、特に問題はありませんでした。

person_outlineうたこさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師