83歳の母が胆管癌の疑いがあります

person70代以上/女性 -

lock有料会員限定

83歳の母ですが6月3日に黄疸がでて4日に緊急入院となりました。
7日に胆管癌の疑いと言うことで管を通して胆汁を出す処置をしていただく事になりましたが母の場合上手く入らずその日は管を入りやすくする様に切り込みを入れ処置が終わったようです。
14日にもう一度管を通し処置をしてもらい胆汁が上手く出たようでした。
そのまま黄疸の数値は低くなると聞いていたのですがどんどん衰弱していき何も食べれなくなり足も浮腫み、呼吸も苦しく酸素チューブをつける様になりました。
主治医の先生のお話では少しでも食べないとと言う事で一口メロンを口にしたのですがもどしてしまいました。

4日の日は歩いて病院まで行く事ができたのに今では寝たまま起きる事もできません。
コロナ禍でなかなか顔を見に行けず心配でなりません。

4日の時点で黄疸数値が17で
13日の時点で22
21日には19でした。

この数値の下がり方はかなり遅いのでしょうか?処置をしてもらってこんなに悪くなるのも仕方ないのでしょうか?
20代の若い先生なので少し不安もあります。

母の年齢を考えると手術もできないようですが、少しでも食べれるようになり一度は家に帰れるようにしてあげたいと思っています。食べ物は持って行ってもいいようですが何か良い食べ物はありますか?

宜しくお願いします

person_outlineきなこさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師