中耳炎の抗生物質処方について

person乳幼児/女性 -

lock有料会員限定

1歳の子どもの鼻水が酷かったため耳鼻科を受診したところ急性中耳炎と診断されました。
ワイドシリンを処方され、4日後に再受診。あまり改善がみられなかったのでオラペネムを処方されました。
以前鼻水が酷く別の耳鼻科を受診した際にもワイドシリンからオゼックスを処方された経験がありネットで調べたところ、オラペネムやオゼックスはかなり強めの薬だということ、中耳炎の治療では一般的にまずペニシリン系、効果がなければセフェム系、それでも効果がなければ最後の砦のオラペネムやオゼックスを処方するとありました。オラペネムやオゼックスは強い薬で耐性菌の心配もあるのであまり好ましくなさそうなことも書かれていました。
しかし以前受診した耳鼻科も、今回の耳鼻科もワイドシリンからいきなりオラペネム・オゼックス処方です。第二選択薬のセフェム系をスキップする理由が何かあるのでしょうか?

受診した先生方よりもネットを信用するような書き方になってしまい気分を害されるかもしれませんが、やはり小さい子どもに服用させるものなので悪い情報が目について気になってしまいます。上記の疑問にお答えいただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

person_outlineゆぴかさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師