円錐切除術で高度異形成部分を取り切れなかった可能性があるそうです。

person30代/女性 -

lock有料会員限定

円錐切除術の結果CIN3でした。そして、奥部分は取り切れていたようですが、下の部分が切除した部分に入りきっていなかったそうで、取り残しの可能性があると言われました。

切除した部位の2ミリくらいのところを電気メスで焼いたので、それによって取り残しの部分も取れている可能性があるとも言われました。

個人的には再度の切除術を希望しましたが、3カ月毎に細胞診で様子をみていくと言われました。

そこで質問させてください。

1. 円錐切除術で取り切れないということもそれなりにあることなのでしょうか?

2. 3カ月毎に細胞診で様子をみていくのは適切でしょうか?

3. 現段階で他の治療方法はないでしょうか?

細胞診でHSILが出た後も、細胞診9ヶ月細胞診での経過観察が続きこちらの強い希望でウィルス検査とコルポ診をしてもらい、円錐切除術となったという経緯があり、不安です。

person_outlineにこさん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師