HRTホルモン補充療法について

person40代/女性 -

lock有料会員限定

41才で外科的閉経となり、暫く様子を見ていましたが更年期障害に陥り、閉経後2年半近く経ってホルモン補充療法を初め1ヶ月ほどになります。
肝機能に少し不安があるた、飲み薬ではなくルエストロジェル(塗り薬)を2プッシュしています。
子宮もないので、エストロゲン単独です。
10年は続けたほうがよいと言われています。
改善したかった更年期症状は主に神経痛などの身体的な辛さで、精神面は大丈夫です。
そこで、現在43才でホルモン補充療法をするリスクとしないリスクを考えたとき、どちらを選ぶべきなのかいまだに迷っています。
どちらのリスクも承知しております。
特に、乳がんになる可能性があることに対して一番不安があります。
身内に女性特有の疾患を持つ者はいません。
このままホルモン補充療法を最低でも5年は続けたほうが良いのか、不安があるならしない方が良いのかアドバイスを頂けたらと思います。
あと、これまで大塚製薬のエクエルをずっと飲んでいましたがルエストロジェルとの併用に問題がないかも知りたいです。

person_outlineだいごろうさん

3人が参考になったと投票

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

3名の医師が回答しています

5人が参考になったと投票

3人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師