12歳男子(今春菊池病の疑いで1ヶ月発熱)のコロナワクチン接種について

person10代/男性 -

lock有料会員限定

12歳男子の息子のコロナワクチン接種についてです。息子は今年の3〜4月頃にリンパ節が腫れ、39度〜40度の熱が約1ヶ月出ました。入院期間は3週間で、その間骨髄検査や自己免疫疾患があるかどうかなどの検査をした結果、菊池病の疑いでリンパ節生検が決定しましたが解熱したため、リンパ節生検はせずそのまま退院しました。入院中はカロナールのみの処方でステロイド薬は使用しませんでした。何らかのウィルス感染で発症したようなのですが、コロナを始め調べられる限りのウィルス検査はしましたが、どのウィルスか特定はできませんでした。退院後の血液検査では問題なく、現在は通院はしておりません。その後再発した様子はないのですが、高熱が続いたためのようですが解熱後2ヶ月後(6月あたり)から脱毛が増え、皮膚科で処方されたステロイドローションを塗布しています。いまでもまだ脱毛はやや多いです。このような菊池病の疑いのあった12歳の子供にコロナワクチンを接種するべきか悩んでいます。自治体のワクチン接種の予約は8月下旬に1回目は取れてはおります。ただ個別接種ではなく、ワクチン接種会場での接種です。
子供は重症化しにくいと報道では聞きますが、変異型のデルタ株ではその限りではないのか、またこのような既往のある子供はコロナワクチン接種はするべきなのか、ご意見をお聞きしたいです。

person_outlinemimiさん
1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師