焦げの発がん性について

person20代/女性 -

lock有料会員限定

昨日、旦那がスパイスカレーを作りました。
よく焦がす旦那なのでずっと見ながら作ったのですが、最後クミンを炒めて入れるとのことで、その時目を離してしまいました。
多分強火の油にクミンを入れて、真っ黒になっていたのにそれを8人前のカレーの鍋に入れました。クミンは小さじ4のものを入れたとのことです。フライパンのクミンの残りを見たらどろどろの黒い物体に変わっていました。私は嫌で食べるのをやめましたが、母と父が断れず食べました。後から,母から、発がん性が気になるし食べたくなかったけど、食べざるを得なかった、私が癌になったらこのせいだと言われてしまいました。母はいつも焦げには敏感でとても気をつけています。私がもっと捨てるなりすれば良かったのですが、しなかった自分の対応に後悔が残っていて寝れません。クミンはアクリルアミドが発生しますか?体内に入ってどのくらいで発がん性物質として癌になるのでしょうか?どのくらい食べたら危険値なのでしょうか?

person_outlineめーさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師