切開による鼠径ヘルニア手術の場合の再発リスク

person60代/男性 -

lock有料会員限定

3年前に鼠径ヘルニアを発症し切開手術によるメッシュプラグ法にて治療しました。
その後何事もなく過ごしていましたが、最近腹腔鏡でメッシュを入れる手術を受けた知人から、腹膜の内側からメッシュを付けたが切開では外側から付けるので、年数が経つと中から腸に押され再発する確率が高いと言われました。
切開手術を受けたことを後悔し不安になりました。
この知人の情報は正しいのですか?

person_outlineベルさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師