脳脊髄液低減症について

person60代/男性 -

lock有料会員限定

私の家内は、半年程前から起立性頭痛を発症し、6月に脳脊髄液減少症と診断され、2週間の点滴安静入院を行いました。症状がやや改善しため、退院して自宅で療養していましたが、7月中旬頃から症状が急に悪化し、7月末には頭痛が常時激しい状態となり、その後、記憶障害と意識障害(意識不鮮明)の状態となりました。8月初旬に頭部のCTと上半身のCTミエログラフィーで診断してもらった結果、頭部は慢性硬膜下血腫がかなり進行しており、また、腰と首から、髄液が漏れているとのことでした。直ぐに、ブラッドパッチと硬膜下血腫の除去手術を行なって頂きました。現在は、未だ入院中ではありますが、意識も戻り、また、頭痛も無くなりました。血腫は綺麗に除去され、また、髄液の漏れも止まったそうです。慢性硬膜下血腫は、脳脊髄圧の低下により脳が圧迫されたのが原因だそうです。髄液が漏れた原因は分かりません。交通事故とか、激しい運動を行ったとかは一切ありません。また、腰椎穿刺もやっていません。現在治療して下さっている先生から、今後の生活の注意点の説明があると思いますが、今後の生活において、髄液の漏れが再発しないためには、どのようなことに注意すれば良いのか、セカンドオピニオンをお願いします。

person_outlineつづきさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師