半月板縫合術術後のマックマレーテスト妥当な実施時期について

person40代/男性 -

lock有料会員限定

 左半月板縫合術の術後2か月過ぎまでは予後は良好で機能は改善傾向で外来リハビリも終了しても良いとの判断でした。術後2か月半での診察で主治医よりマックマレーテストを実施され激痛が生じました。
 それを期に痛みは強くなる一方で改善は見られず悪化傾向です。主に、縫合した内側後節部分の痛みがあります。主治医から再断裂の可能性があると告げられました。これは、MRIでの確認は難しいので内視鏡で確認しないとわからないと言われました。主治医の方で、術中のビデオを確認してくれましたが、特段原因となる部分もないと思われるとの判断でした。まだ実際に確認していないので実際に再断裂しているかは不明ですが、マックマレーテストの実施がきっかけに痛みが増悪しているので、これが要因だと個人的に思っています。しかし、再断裂をしていたとしてもマックマレーテストが要因であるという因果関係の証明は難しいような気がしています。
 しかし、(1)マックマレーテストで半月板が再断裂する可能性があるのか、(2)そういった症例は報告されているのか。また、(3)術後2か月半という時期でマックマレーテストの実施が妥当なのかという点についても意見を頂きたいです。よろしくお願いいたします。

person_outlineNOBさん

1人が参考になったと投票

他2名が回答

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師