ケナコルト注射による皮膚萎縮後の変色

person20代/女性 -

lock有料会員限定

右の腰のあたりの皮膚繊維を摘出する手術を20年9月に行いました。その後手術部分が肥厚性瘢痕になり、その治療としてケナコルト注射やエクラープラスターテープを貼ったのですが患部の周りが萎縮してしまいました。その後、保湿目的で医師に処方されたヘパリン類似物質油性クリーム0.3%を患部にぬったところ、萎縮によりピンクになっていた部分がすこし黒ずんだ感じになりました。これは時間の経過とともに薄くなって行くのでしょうか。
ちなみに上の写真がヘパリン類似物質油性クリーム0.3%を塗る前で下の写真が塗った後の今の写真です。2つ丸くなっている部分は中糸がでてきて抜糸した部分です。
抜糸は3ヶ月前にしたのですが、治るか不安です。普通の肌に戻るのでしょうか。

以上2つの質問に答えていただけますと幸いです。

person_outlineりーさん
本投稿の添付画像は、投稿者本人と医師以外はご覧になれません。

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師