大人の外耳炎、抗生物質・点耳浴からの症状悪化

person30代/男性 -

lock有料会員限定

6日前くらいから外耳炎の兆候(耳の痒み、痛み、耳裏リンパの腫れ)がありリンデロンを塗り始めましたが、3日前の明朝に強い耳の痛みと38.2℃の発熱がありその日の昼ごろ耳鼻科を受診。
外耳炎と診断され、
・抗生物質としてファロム錠200g(合わせてレバミピドも)
・点耳薬としてオフロキサシン0.3%
・塗り薬としてリンデロンVG0.12%
・解熱痛み止めとしてカロナール200
を処方され、その日から飲み始めました。
熱についてはこの3日間で下り本日36度台で落ち着いたのですが、耳の痛み、閉塞感からの聞こえづらさは日増しに強くなってきていて、本日は、昨日までできていた食事・咀嚼も痛みで出来なくなり、さらに耳の奥の痛み、頭痛について追加されたような状態です。
薬が効いてない、症状と診断・薬があっていない、ということなのか、外耳炎・抗生物質での治療ではままあることなのか、ご意見を伺えたらと思います。
よろしくお願い申し上げます。

person_outlineしそさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師