食事拒否による延命方法についての判断アドバイス

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

81歳の父が6月に大腿骨を骨折し手術しましたが同時に潰瘍性大腸炎、食事拒否となりました。現在食事はわずかでほぼ点滴です。
胃のムカつきがあり胃カメラで検査しましたが異常なしでした。しかし本人は食事は取れてません。
病院から胃ろう、IVH、経管栄養、何もしないで看取りの選択をするよう連絡があり、退院を求められてます。
現在コロナ禍で面会も出来ず、意思疎通もできているのかハッキリできず多少認知もあるかもとのこと。本人の意思を尊重したいのですが、それは難しそうです。母も高齢なため在宅は難しいようで、希望しておりません。ホームなど考えた場合はどの処置が良いのでしょうか

person_outlineホピさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師