甲状腺腫瘍手術について

person40代/女性 -

lock有料会員限定

甲状腺エコーにより、1.6×2.2の濾胞性腫瘍が見つかりました。先日、細胞針検査を行い、現在は結果待ちです。
濾胞性腫瘍は、針生検での良性と悪性の判別が非常に難しいと聞き、針生検の結果が良性であってもなるべく直ぐに切除をしたいと思っています。
質問をさせて頂きたいことは、以下の3点です。

1、濾胞性腫瘍は、良性であっても4センチ位(施設によっては3センチ位)になったら手術・切除をするようですが、私の針生検の結果が良性であった場合、今の大きさ2センチ位で早めの手術は可能でしょうか?
その場合、切除範囲はどれ位になりますか?

2、今の段階で手術をするデメリットはありますか?
例えば、今のホルモン数値はサイログロブリンと抗サイログロブリンが少しだけ基準値より高い程度ですが、甲状腺切除により橋本病が進むなどリスクがありますか?

3、エコーを見てくださった主治医は濾胞性腫瘍とおっしゃいましたが、濾胞性腫瘍と腺腫様甲状腺腫は判別が難しいと聞きました。針生検の結果が、腺腫様甲状腺腫になる可能性もありますか?
良性の濾胞性腫瘍、腺腫様甲状腺腫の診断を受けながら、実際に手術・病理した際の結果がガンであったという方は、だいたい何パーセント位いらっしゃるものでしょうか?

person_outlinenekonekoさん
2名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師