局所再発乳ガンの内分泌療法の期間について

person40代/女性 -

lock有料会員限定

45歳です。閉経前乳ガン、初発ステージ1、リンパ節転移なし(温存手術、放射線25回、ノルバデックス服用)から5年後に局所再発。
リンパ節転移なし、腫瘍径1.5~2センチ、Ki67 60% TC療法にて術前化学療法、全摘手術

現在リュープリン+アロマシンでのホルモン療法を7年続けています。(初発より12年経ちます)
骨密度低下により、一時は骨粗鬆症圏内に低下し、プラリアを注射しています。現在骨密度は73%です。

最近、ABCSG-16閉経後乳ガンのアロマターゼ阻害薬の使用期間についての大規模試験結果が出たそうです。アロマターゼ阻害薬5年投与後、更に追加で2年投与群と5年投与群で、再発率に差がなかったとのことです。
質問ですが
1.閉経前局所再発乳ガンにも、この研究結果はあてはまるのでしょうか。やはり私の場合は10年は治療を続けた方が良いでしょうか。
2.内分泌療法をあと3年延長することで骨折リスクが上がるとの結果もありましたが、プラリア治療をしている場合はどうですか。

3.まだ閉経していない可能性があります。治療が終了後、卵巣機能が活性化されて女性ホルモンが一気に増えるとリスクが上がるのでは?生理が再開しても再発リスクは上がらないと聞きますが、それは何故か知りたいです。

4.Ki67が高値の場合、晩期再発率はどれくらいあるのでしょうか。治療を終了するにあたり心配です。よろしくお願いいたします。

person_outlineアリエルミッキーさん
2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師