84歳男性 鼠径部に腫れと痛み

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

84歳男性
鼠径部に膨らみと痛みがあり受診しました。
(近況)
2021年2月 膀胱がん内視鏡手術。
7月末 不整脈による全身の浮腫(睾丸も腫れ)二週間入院し改善。
8月中旬 外出時不整脈による意識喪失、脱水症状で救急搬送。
8月下旬 ペースメーカー埋め込み手術実施。
(症状)
鼠径部に腫れがある。
毎日、朝食後から痛み始め、平時にも痛みがある。
(泌尿器科診断)
患部エコー実施。
陰嚢水腫の可能性が僅かにあるが、おそらく違う。精さく水腫ではない。と判断。
ヘルニアの可能性が高い。
外科で診断してもらって下さい。
(外科診断)
CT撮影の結果、鼠径部の膨らみは臓器では
なく水であるとの診断。よって鼠径ヘルニアではなく、何らかの理由で水がたまり、それが神経を刺激し痛みの原因となっている可能性。
水がなぜ鼠蹊部に溜まっているかは不明。
ひとまず痛み止め(カロナール)を処方。
一か月後に再度検査して判断。
(質問)
・ヘルニアでないとすると何なのか?
・一か月後の検査(おそらくCT)を受けて進展があるのか?
・違う病院に行くとすると何科なのか。
どうぞよろしくお願い致します。

person_outlineまさまさまささん
本投稿の添付画像は、投稿者本人と医師以外はご覧になれません。
3名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師