PET/CTの性能、機能について

person30代/男性 -

lock有料会員限定

以前も質問させていただきました。32歳男性、喫煙歴既往歴なしです。

健康診断で肺に結節影指摘、大学病院にて診察中で、10月中に区域切除にて手術を予定しています。

以下にこれまでの検査結果を記載します。主治医からは、良性腫瘍orカルチノイド等を疑うとされています。

【CT】右下肺野に充実型の境界明瞭、辺縁平滑の1.4cm結節(微かに分葉)あり、スピキュラや血管引き込み、ひきつれ等なし、リンパ腫大胸水なし
【造影CT】30(造影前)→40→55HUの漸増性の造影効果
【腫瘍マーカー】異常値なし
【PET/CT】SUVmax1.6(1時間後)→0.8(2時間後)

お伺いしたいは、PET/CTについてで、私の結節の数値が過小評価されている可能性があるのか、少し不安に思っております。
ネットで調べると、PETの検出限界は、2cm、1cm、5mm、など諸説あり、それがすりガラスや充実型などで場合分けされているわけでもありません。

1.私の結節の形態(1.4cm、充実型)は、一般的にPET/CTで拾える形態でしょうか。

2.数値が過小に出ている場合、どの程度数値が下がりますか?

3.例え数値が過小でも、前期→後期(1.6→0.8)と下がっているという事実はポジティブな要素でしょうか。

4.私が受診した施設の機器には呼吸同期機能がついているようです。ネットでこの機能で補正が可能だと見たのですが、この機能は通常、機器に備え付けられていれば使用されますか?(特にその機能を使ったとは明言されていません)

以上、施設や技師さんに依ることは十分理解していますが、一般論としてご教示くだされば幸いです。
(名の通った病院の附属施設で、技師さん診断医さんのレベルの高さを売りにはしているようです)

以上、何卒よろしくお願いします。

person_outline正太郎さん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師