ホジキンリンパ腫の再発、難治性について

person30代/女性 -

lock有料会員限定

妻の病状です。
縦隔原発大細胞型 B細胞性リンパ腫の再発治療を終え完全寛解後、再々発の可能性があると言う事で診察を受けた結果、ホジキンリンパ腫との診断を受けました。

今後の治療方針について、後日先生とお話をする予定のため、事前に治療法について理解を深めたく資料を読む中で、再発、または難治性の、と記載があるのですが、今回のような違うリンパ腫へ変容していた場合は再発ということになるのでしょうか。また、難治性というのはとういう状況を指すのでしょうか。

ご教示いただけますと、大変助かります。

person_outlineはるさん
2名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師