心房細動の進行速度とカテーテルアブレーションの選択肢について

person70代以上/女性 -

lock有料会員限定

72歳の女性。
3年前に突き上げるような動悸と胸苦しさが1時間ほど続いたので循環器クリニックを受診しました。期外収縮ということでメインテート0.625mgとコバシルを処方されました。血圧は上が130ぐらいでした。2年間かよいましたが、週に一度ぐらい数時間寝込む症状が改善されなかったので別のクリニックを受診しました。そこでは当初メインテート0.625mgと発作が起きたとき用にプロプラノロールをもらいました。4か月後ホルター心電図をとったところ異常波が見つかり上室性頻拍と言われメインテートを2倍量、1か月後4倍量の2.5mgになり、症状は落ち着きました。しかし4か月後の心電図検査で心房細動が見つかりイグザレルト15mgを飲みだしました。その1か月後の心電図検査では心房細動がづっと続いているとのことでカテーテルアブレーションを勧められました。

質問ですが、2年半以上期外収縮と上室性頻拍と言われていたのに、1~2か月で急に持続性心房細動まで進むものでしょうか。
また、持続性の場合カテーテルアブレーションの成功率はあまり高くない上に抗凝固剤の服用をやめられないようですが、体調が良くなる等十分なメリットがあるのでしょうか。
脳梗塞の不安要因をなくすために左心耳の切除を合わせてしたほうがよいのでしょうか。
薬で我慢していくか、カテーテルアブレーションをするか、左心耳切除までするか迷っています。

person_outlineあづきさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師