咽頭カンジダ症での別疾患の可能性

person30代/男性 -

lock有料会員限定

34歳男です。

9月中旬に後鼻漏や上咽頭の痛みから耳鼻咽喉科にかかり始めました。
その際鼻の中をスコープで診てもらい、腫れや詰まりがあったため、その場でのネブライザーでの吸入と
・アラミスト点鼻薬
・ベボタスチンベチル
を処方されました。
2週間ほど使用して、少し症状が改善してきたところで、コロナワクチン2回目接種を行って、3日ほどしたあと、喉の痛み(飲み込む際に少し痛む、喉の奥がヒリヒリする)があり、同じ耳鼻咽喉科を受診したところ、喉の奥にカビがあり、咽頭カンジダと扁桃炎と診断され、抗生物質と真菌用のファンギゾンシロップを貰いました。
3日ほど使用して扁桃炎は良くなったのですが,咽頭カンジダはまだ残っており、フロリードゲルに薬が変わりました。

カンジダの原因として、アラミストやネブライザーのステロイドは要因となるでしょうか?

また、カンジダはhivなどの発生状況にあったりで不安です。
よく思い出すと、ここ半年くらい免疫落ち気味で風邪や胃腸炎などになることが多く、心配になりました。

咽頭カンジダになると、その可能性は高くあるのでしょうか?

まとまりがなく申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

person_outlineかーさん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師