「乳がん治療中(ホルモン療法、内服抗がん剤)の副作用について」の追加相談

person40代/女性 -

lock有料会員限定

前の質問からの継続になります。肝臓の数値は正常に戻りました。TS-1抗がん剤とタモキシフェンを再開して、ビタミンC、Lシステイン、タイのグリーンカレーを止めた結果、数値が正常に戻ったので、抗がん剤とタモキシフェンの副作用でははなく、サプリかタイカレー(信じられないのですが)のどちらかに原因があったようです。
肝臓のエコーをしていただいた際、脂肪肝になっているとのこと。それもここ最近付いたように見えるとのこと。150cmで50kg、毎晩ランニングしており、食事にも気を使っております。漢方薬は肝臓の数値をあげてしまう副作用がありそうなので止めておこうと思うのですが、脂肪肝に急になったのはタイカレーだったのでしょうかね。。。それともタモキシフェンの副作用か??クコの実が脂肪肝に良いと聞いたので食べ始めようかと思うのですが(漢方ではないと思うので)、脂肪肝の良い解消法があれば教えていただけないでしょうか。

person_outlineシナモン好きさん

乳がん治療中(ホルモン療法、内服抗がん剤)の副作用について

person 40代/女性 -

昨年8月に乳がんで左胸を全摘し、3つのガンのうち悪性度が一番高かったものは腫瘍3 大きさ:15mm、グレード2、ER100%、PgR100%、HER2:陰性、Ki67:19.6% センチネルリンパ節生検 1個転移陽性(7mm)、2個陰性(1/3)  オンコタイプDX遺伝子検査の結果は、スコア14でした。

ホルモン療法として、タモキシフェン(昨年11月開始)、LH-RHアゴニスト製剤(昨年12月開始)から継続中で、内服の抗がん剤TS-1を今年3月から開始しています。

今年4月から中性脂肪TGが100→300前後へ上がり、また、肝臓ASTとALTが20→60(8月)となったため、TS-1のみを3週間中断しましたが、(3週間後)AST60、ALT132へ更に上がってしまったため、タモキシフェンも中止して2週間後に再検査したところ、AST25,ALT24、TG113へ数値が正常化していました(同時にビタミンサプリも中止)。
消化器科でタモキシフェンの影響かも?で、乳腺ではTSー1のみ再開してタモキシフェンは引き続き中止案でしたが、ホルモン感受性乳がんのためホルモン療法をどうしても再開したく、TS-1とタモキシフェンを再開して次回の検査待ちです。
知りたいことは、1.昨年11月開始のタモキシフェンにより今頃になって肝臓へ影響するのか。その理由(メカニズム)を教えてください、2.タモキシフェンによりTG中性脂肪は増えるのか?その理由(メカニズム)? 3.タモキシフェンの代わりにアロマターゼ阻害薬(当初案だったが副作用を考えてタモキシフェンを選択)へ変更した場合も、中性脂肪↑、肝臓値↑となる副作用の可能性はあるか 4.TS-1の色素沈着防止のために、7月からビタミンCとLシステインのサプリを飲み始めたが、肝臓への悪影響の可能性は無かったかです。よろしくお願いいたします。

person_outlineシナモン好きさん

元の相談の回答をみる

2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師