40代女性、先日市のマンモグラフィ検診を受けました

person40代/女性 -

lock有料会員限定

結果は右下部左側に良悪性の鑑別必要な石灰化があるため精密検査をしてください、とのことでした。母も乳がんで亡くなっているため心配で仕方ありません。
通知が来てすぐに総合病院で精密検査をうけました。『マンモグラフィには点々と映って見えるのですが、超音波では見えないとのこと。超音波で見えないと細胞診も不可能、良性か悪性かを見分けるには半年後もう一度検査をして点々が増えていたら悪性だし変化なければ良性なので経過観察、と言われました。』
私は『そんなに待っていたらガンだった場合発見が遅くならないですか?』と質問すると、『もし仮に悪性でも超音波では発見できないぐらい小さなものなので半年後でも十分取り除くことができます』とのこと。私的にはマンモトームをしてもらい良性か悪性かをすぐにでも確認してしたくて仕方がないですが、まだ判断がつかないものに身体を傷つけて検査するのは反対だと言われました。この場合、セカンドオピニオンを考えた方がよいのが半年後まで不安を抱えて生きていくほうがいいのか悩んでいます。私はどれくらいの確率でがんなのでしょうか。そして何かよい解決法はあれば教えていただけないでしょうか。

person_outlineトマトさん

1人が参考になったと投票

他3名が回答

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師