動物性タンパク質取り過ぎ

person乳幼児/男性 -

lock有料会員限定

1歳4ヶ月の男の子です。
離乳食を5ヶ月から開始しました。初めはあまり食べてくれず、体重の伸びと発育が心配でした。
1歳を過ぎた頃から少しずつ食べる量が増えたんですが、発育や成長がとても心配で栄養士の方に相談していました。その時に作った食事の写真を見てもらい、タンパク質をもっと入れてと言われ、取り入れるようになりました。そこから魚(青魚、白身魚、赤身魚)、肉(牛肉、豚肉、鶏肉、鳥レバー)を目安量30〜40gよりも多く、100g近くあげることもありました。
その時に動物性タンパク質の上げすぎは内臓に負担、蓄積されて副作用が出るということを聞き、今になって大丈夫か心配になりました。
先生方に質問です。
1、この時期の乳幼児に動物性タンパク質目安量を倍以上の量であげていたことで肝臓や腎臓など内臓にどれくらいの負担がかかりますか?将来、障害を起こしたり、病気になりますか?
2、鳥レバーを1回の食事で大量にあげていました。多分40〜50gほどです。ある先生の記事にレチノールやビタミンAを一気に与え過ぎると肝臓に蓄積され副作用がおこると書かれていました。どんな副作用がおこりますか?
3、動物性タンパク質と植物性タンパク質を同時にあげることもあり、容易に100gは超えてあげてます。これは大丈夫でしょうか?

person_outlineとまとさん
3名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師